生活ゲーム その8 ~ 町長ですか、玄乃丈さん!? ~

登場キャラ紹介

榊遊:わんわん帝國に所属愛鳴之藩国の藩国民で、
    出仕義務がなくなった関係で今は主にハローワークでのアルバイター。
    犬耳しっぽのメードさんアイドレスがお気に入りの20歳でメガネの娘さんである。
    (でも、PLは男です・・・ごめんなさいm(__)m )
    T12編成による着用アイドレスが高位はてない国人になった関係で容姿が大きく変化し、
    別人扱いを恐れてゲーム開始前はその為のフォローに必死になる(笑)
 

日向玄乃丈:式神の城シリーズの登場人物でH&K探偵事務所(日向&玖珂探偵事務所)を
        経営する今では見かけぬ硬派な探偵さん。
        古くからの大神の血筋、すなわち狼に変化する獣人であり、
        アイドレスではその力でPC達を随分助けてくれていた。
        ・・・・のだが、どうやら10年後では色々状況に変化が・・・(びっくり)


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


榊遊
こんばんはです。22:00からのゲームをお願いに参りました。

芝村
記事どうぞ

榊遊
http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=2575&reno=2438&oya=2438&mode=msgview

【予約者の名前】43-00406-01:榊遊:愛鳴之藩国
【実施予定日時】07/23/22:00~23:00
【ゲームの種別】生活ゲーム
【ゲーム時間:消費マイル】
 ・1時間:20マイル×1時間
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】
 ・日向玄乃丈:非滞在:10マイル
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計43マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・43-00406-01:榊遊:愛鳴之藩国:入学済:43


宜しくお願いします。


榊遊
こちらになります

芝村
イベントは?

榊遊
イベント選択前に質問をいくつかさせて頂いてもよいでしょうか?

芝村
ええ

榊遊
Q1:前回(5/25)のゲームで10年後の愛鳴之藩国に行く事になりましたが今回は続きからになるのでしょうか?

芝村
A1:ええ

榊遊
Q2:Q1がYesの場合、着用アイドレスは当時のものになるのでしょうか?
     (合併の関係で当事のアイドレスは現在消失しています)

芝村
A2:着替えていいですよ

榊遊
Q3:現在の着用アイドレスが高位はてない国人になっているため髪の色など容姿が随分変わってしまっています。
その事についてフォローの手紙出したことにしてゲームを始めてもよいでしょうか?(一応用意だけはしています)

芝村
A3:ええ

榊遊
では、数日後くらいの設定で手紙を出してデートのような事をしたく思います

http://28719717.at.webry.info/200807/article_1.html

こんな内容の手紙を(^^;;

芝村
はい。

芝村
2分待ってね

芝村
はい

芝村
/*/

芝村
ここは愛鳴之藩です

芝村
あなたは人通りの中を歩いている

榊遊
T12編成が正式に通ったとして「高位はてない国人+僧侶+犬妖精+バトルメード+護民官」になっております

芝村
はい。

榊遊
はい、待ち合わせ場所へ向かっている認識でよいでしょうか?

芝村
向こうからのんびり日向が歩いてきている。

榊遊
自分から声を掛けようか・・・でもお伝えしたしあちらに気付いて欲しいような・・・って具合にうろうろします

芝村
日向は通り過ぎて行った。

榊遊
「(がーん!?)ま、待って下さいませ!(涙目)」

芝村
日向:「ん?ああ?」

榊遊
「玄乃丈さんに手紙を出しました、榊遊です・・・(掴めるものなら服など掴みます)」

芝村
日向:「ああ! 懐かしいな。そんな顔だったっけ」

芝村
日向は苦笑している

榊遊
「その反応は・・・こ、今度は何年後になっていますでしょうか?(おろおろ)」

芝村
日向:「・・・」

芝村
日向:「前あったのがいつだったかな」

榊遊
「私の認識では5/25でぎりぎり二ヶ月になる前なんですが・・・orz」

芝村
日向:「ああ。そうだな。それくらいだ」

芝村
日向は笑った。

芝村
日向:「たまにあうな」

榊遊
「もっといっぱい会いたいんですがマイル稼ぎが上手く出来なくて・・・申し訳ありません」<たまにあう

榊遊
「な、長い目で見て頂きたく思います(しょんぼり)」

芝村
日向:「いやいや、いいじゃないか。今貧乏・・・だったよな」

芝村
日向:「俺も昔は大変だった。なんかおごるよ」

榊遊
「えっと・・・ソレではお言葉に甘えさせていただきます」

芝村
日向は笑うと、近くのレストランに入った。

芝村
店主:「これは日向さま」

芝村
日向:「彼女に好きなものを」

榊遊
(財布を覗く・・・頑張って11マイルといったところ)

芝村
日向は笑った。

榊遊
Q:なんかものっそい待遇ですがここ所謂高級店でしょうか?

芝村
A:いえ?割と普通ぽいよ

芝村
日向:「味はまあまあだ」

榊遊
「・・・(・・・さま?)・・・えっと・・・それでは・・・」

芝村
日向:「焼そばがないのが残念だが」

榊遊
メニューにランチっぽいものがあったらソレを

芝村
店長は笑顔がひきつってる

榊遊
「・・・?・・・焼きそばお好きでしたか?」

芝村
日向:「昔は大嫌いだったな」

榊遊
店主さん・・・やっぱ良いとこなんじゃ?

芝村
日向:「今はなつかしい」

芝村
料理が来たよ。フルコースだ。

榊遊
「焼きそばは嫌だといって倒れていらっしゃいましたね。お部屋にお弁当持って行ったりしました(微笑)」

芝村
日向:「うるわしい貧乏生活に。いつかはあんたもそう思うさ」

榊遊
Q:玄乃丈さんは注文していないのでしょうか?

芝村
A:同じの頼んでる

榊遊
「今はもう『良い思い出』・・・ですか?」

芝村
日向は優しく微笑んだ。

芝村
日向:「ああ」

榊遊
「私にとっては懐かしむほど遠いものではないですよ?」

芝村
日向:「相変わらずわかそうだもんな。いい話じゃないか」

榊遊
「理由が判らないと不安が大きいですけれど・・・」

芝村
日向:「それもそうか」

榊遊
そのまま置いといてもアレなんでいただきます(笑)

芝村
日向:「ふむ・・・」

芝村
日向はナプキンをつけてワインを飲んでいる。

榊遊
「この前も10年間の事をお聞きしましたけれどお仕事上手く行っておられるんですか?」

芝村
日向:「まあまあだな。探偵だった時もある」

榊遊
「え?」

榊遊
「辞めてしまわれたのですか?」

芝村
日向:「ん。ああ」

榊遊
「どうしてかは・・・聞いてもよろしいでしょうか?」

榊遊
#正義の探偵さんが何故・・・

芝村
日向:「いやまあ、事務所は光太郎に全部やったし、事業も成功したし。小さいながらも町長だしな」

榊遊
「町長さん・・・ですか?」 (予想外です)

芝村
日向は笑ってる。

芝村
日向:「まったく似合ってないよな」

芝村
日向:「このデザートはなかなかだ」

榊遊
「えっと・・・似合ってるかとかは10年間のことを知らないので何とも言いがたいのですが・・・探偵さんを辞めていたのが意外です・・・」

榊遊
「今もまだお願い出来たら自動人形のパーツ探しの続きをお願いしたかったのですけれど・・・(財布を見てしょんぼり)」

芝村
日向は微笑んだ。

芝村
日向:「いいぞ?」

芝村
日向:「調査しよう」

榊遊
「よろしいのですか?」 (探偵辞めてるという事だったので更に意外な反応)

芝村
日向:「昔取った杵柄だ」

芝村
日向は微笑んだ。

芝村
日向は立ち上がった。

芝村
日向:「ま、そっちはせいぜい若作りの秘訣でも、調べるんだな」

榊遊
「ありがとうございます!自動人形さんが元通り動けると嬉しいです(微笑)」

榊遊
「・・・?(良く判らず)」 <若作りの秘訣

芝村
日向は微笑むと適当に支払って、歩いて行った。

芝村
/*/

芝村
はい。お疲れ様でした

榊遊
ありがとうございました

榊遊
・・・お薦めデザート手をつけてない!?

芝村
ははは。

芝村
評価は1、1でした。

芝村
累計3.3です

芝村
秘宝館には1、1で依頼できます。

榊遊
ギリギリ二ヶ月経過での低下は免れましたか(ーー;; <累計3・3

芝村
ええ

芝村
おめでとー

榊遊
最初のリアクションから低下を覚悟してたのですが、記憶強度がギリギリだったのですね

芝村
ええ

榊遊
Q:今後、情勢などの外的要因がない限りは致命的に失敗しない限り10年後ゲームが継続になるでしょうか?

芝村
A:ええ

芝村
あるいはその謎を解かない限りは、ね

榊遊
了解です・・・しかし完全に立場が逆転しましたね(--;; <お互いの経済状況

芝村
ははは。貧乏二人よりいいじゃないか

榊遊
焼きそばの代わりに毎食おでんで「おでんはもういやだ」になるのは寂しいですね(爆)<貧乏2人

芝村
ははは。

芝村
まったくだ。

芝村
では解散しましょう。お疲れ様でした。

榊遊
ありがとうございました